[ここから本文です]

ようこそ一般社団法人高知県鍼灸マッサージ師会のホームページへ!

あなたは開設(2011/10/01)以来23586 人目のご訪問者です

 車を運転するためには自動車免許が必要なように、みなさんの大切なお体に対して鍼(はり)灸(きゅう)あん摩・マッサージ・指圧など健康のための刺激を提供するためには、国家資格(厚生労働大臣免許)を得る必要があります。
 私たちは、県民のみなさんの健康維持・増進のために、国家資格に基づく安心安全な「はり・きゅう・マッサージなど」の施術を提供できる、高知県内最大の有資格者の団体です。

高知県の地図

 はり・きゅう・マッサージ等の療法は、長い歴史と伝統に支えられながら、現在もなお、多くの臨床の場において応用され、県民のみなさんの健康保持、及び増進、社会福祉の向上のためにお役に立たせていただいております。
 今後とも県民の皆さんに信頼いただける会となることをめざし、会員一人一人が努力して参りたいと考えておりますので、本会の活動内容や思いを、多くの方々にご覧いただき、ご意見などをお聞かせいただければ幸いです。


会議の写真

◆お知らせ◆(2018/12/25更新)


new■研修会のご案内


 日本漢字能力検定協会の今年の漢字は「災」ということでしたが、本当に今年は日本各地で災害の多い年でした。
県内でも7月豪雨では大きな被害が発生し、今後は会としても災害時の対応や支援について考えていく必要があり、来年度の研修計画にはそんなことも盛り込んでいきたいと想っています。
【第8回生涯研修会】 2019年1月13日(日) 14:30〜16:45
 会場: 障害者福祉センター(高知市旭町2丁目21-6) 2階・研修室
 内容: (スポーツ鍼灸マッサージ師指導者伝達講習)
 講師: T-place なかもり鍼灸院 中森 徹先生
《新年会》 研修会終了後に下記会場にて新年会を開催いたします!
 日時: 2019年1月13日 17:30〜20:00
 会場: 居酒屋「ぼっちり」 088-871-4149 / 「高知城前」電停すぐ(高知市本町4-1-51)
 会費:  4,000円 2.5時間飲み放題!
【第9回生涯研修会】 2019年2月10日(日) 13:30〜15:00 (西南地区)
 会場: 四万十市立中央公民館
 内容: 療養費制度の活用について
 講師: 保険推進部長  林 道夫
※ いずれも受講料は会員無料、会員外1000円、学生500円です。


new■龍馬マラソン2019ケアスポットへのご協力をお願いします!


 毎年多くのランナーに喜びの声をいただいているゴール会場でのマッサージ・はりケアスポットを龍馬マラソン2019でも開設します。
ゴールの制限時間も7時間になり、今回の参加者は1万3千人以上ということで多くのケア希望者が予測されます。
 当日のおもてなしにご協力いただける方は、お早めのご連絡をお待ちしています!
【日時】 2019年2月17日(日) 10:30〜16:30
【会場】 龍馬マラソンゴール会場 (高知県立春野総合運動公園陸上競技場)
【謝礼】 謝金及び交通費(会費支給規定による)
【集合】 ○現地 10:30 ※自家用車の方は許可証が必要ですので事務局までご連絡ください!
     ○送迎バス: 高知駅南口 9:30発 ※乗車希望地があればお早めにお知らせください。


■【募集】 「やまもも」で献血協力者にマッサージのサービス


献血者が減少する冬期の協力者を確保するために、高知県赤十字血液センターより本年度も本会に対して会員マッサージ師の派遣依頼が来ました。
 献血ルーム「ハートピアやまもも」で献血をしてくださった方に対し、10分程度のクイックマッサージをサービスで提供するというもので、実施期間は、平成30年12月3日から平成31年2月25日(大晦日を除く)の毎週月曜日の午前10時から午後1時までとなっています。
 募集マッサージ師は、1日1名で、1日につき5,500円の謝金が支払われます。
関心のある方は林までお早めにお問い合わせください。
 また、本会は平成25年に献血サポーター参加団体として日本赤十字社の認定を受けています。
 併せて、みなさんの献血へのご理解とご協力もよろしくお願いいたします。



new■■受領委任制度の導入時期には保険者ごとにばらつきがありますのでご注意を


療養費の取り扱いをされている方のところには、既に通知が届いていると思いますが、高知県後期高齢者医療広域連合では、受領委任制度の導入時期が2019年4月1日になりました。
市町村国民健康保険については、2019年1月1日から導入するところと4月1日にするところがあり、その他の健保組合については受領委任制度の導入すら未定の所もあります。
 療養費の支給申請をされる方は、事前に各保険者に受領委任制度の導入時期を確認するとともに、お早めに四国厚生支局高知事務所への申出手続きをされることをおすすめいたします。
なお、受領委任導入前の保険者であっても、必要項目が網羅・記載されていれば受領委任用統一様式を使用されても差し支えはありません。
 また、鹿児島での推進大会保険部会では、医師向けの療養費取り扱いのガイドラインにも「施術報告書を確認すること」が記載されており、施術の目的と期待される効果について具体的なポイントで記載するとともに、「経過」は、マッサージでは拘縮・萎縮の改善状況、関節可動域、鍼灸では痛みの改善状況をペインスケールなど、医師や関係職種に分かる言葉で記載し、極力、医師との連携を図るツールとして活用してもらいたいとのことでした。


■■ゼンシン保険局より「適正な医療保険の取扱いについて」が発行されました


昨今、新聞等による鍼灸マッサージの医療保険における不正請求の報道が目につくようになってきました。
私たちの業界の中に、このような業者がいることは事実であり、療養費の適正化の観点からも、不正についてはしっかりと取り締まられるべきものと考えています。
しかしながら、このような報道により、業界全体の信頼が揺らぎ、医師の同意書発行が抑制される流れになることは本意ではありません。
そのため全鍼師会保険局より、保険取り扱いをする会員が、患者様や医師の方へ医療保険の取り扱い方針を説明する際のツールとしての「適正な医療保険の取扱いについて」というチラシが発行されました。
(最下部に所属師会名、会員施術所・氏名等が記載可能)
 必要な方には送付いたしますので、ご連絡ください。
全日本鍼灸マッサージ師会からもダウンロード可能です。
 今後とも会員の皆様の療養費適正利用の推進と、趣旨普及へのご協力をよろしくお願いいたします。


■■【情報】 あなたの施術所も「高知龍馬マラソン応援の店」に!?


 高知県庁ホームページで以下の情報を見つけました。
本会は、毎年、龍馬マラソンゴール会場でケアスポットを開設し大会の応援をしています。
それぞれの施術所でも「大会応援の店」に登録して、大会や選手の応援をしてみませんか!? ○高知龍馬マラソン応援の店
高知龍馬マラソンを応援していただける、店舗、会社、事業所等を募集いたします。
ご登録いただきました店舗等には実行委員会より、大会ポスター、募集パンフレット、登録証(ステッカー)を無償で提供する他、ホームページでお店等の名前を紹介させていただきます。
店頭、店内にご掲示いただき高知龍馬マラソンをPRいただきますようお願いいたします。


■■情報・「こうち子育て家庭応援事業協賛事業所」募集


 高知県庁ホームページで以下の情報を見つけました。協賛事業所に登録して、あなたの施術所でも妊娠中や子育て中の世帯を応援してみませんか!?
「こうち子育て家庭応援事業」 協賛事業所」募集 (高知県地域福祉部少子対策課
  088-823-9717)
 この事業は、企業や店舗などの協賛事業所ごとの優待サービスを通じて、妊娠中や子育て中の皆さんの外出などを支援する仕組みです。
(提供する優待サービスは、協賛事業所ごとに自由に設定できます。)
 協賛事業所になると、県ホームページや広報誌などで、協賛事業所の優待サービス内容や事業所のPRを行えるほか、商工中金高知支店の「高知県次世代育成支援企業ローン」の対象企業となります。


■■県民の安心のためにも 施術の際には必ず「厚労大臣免許保有証」の着用を!


 待望の「厚生労働大臣免許保有証」が発行され私達の手元に届きました。
これは、県民の皆様が施術を選択する際に、有資格者と無資格者を判別するための大事なサインの一つです。
 厚生労働省もリーフレットを作成し、国民に対し「施術者が国家資格を持っている かの確認ポイント」として、@看板等に国家資格を有する者であることの記載、A保健所に届け出た施術所であることの記載、B免許証等の掲示、C施術者が「厚生労働大臣免許保有証」を着用していることをアピールしています。
 県民を無資格者の危害から守るためには、私達施術者一人一人が、上記をしっかりと遵守していくことが大切です!
施術の際には、必ず保有証を着用するようにしてください。
 なお、今年度の保有証申請は、7月1日から受け付けます。未取得の方はぜひご申 請を!


■■はり・きゅうの生活保護施術も「登録制度」から「指定制度」に変更です。6月中に手続きを

 

平成26年7月1日より、生活保護法による施術機関の指定制度が変更になり、従来「登録制度」で行われていた「はり・きゅう師の生活保護施術」ですが、「あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師」と同様に「施術機関の指定」を受けることが必要になりました。
 現在「登録」をして「生活保護施術」をされている「はり・きゅう師」が、改正法が施行される7月1日以降も施術を継続する場合には、改めて施術機関として「都道府県等の指定」を受ける必要があります。
指定手続きが行われない場合には、7月1日以降の生活保護法に基づく医療給付が受けられなくなりますのでご注意ください。
 なお、あん摩マッサージ指圧師については、今回変更はありませんので、改めて申請をする必要はありません。
【問合わせ先】 高知県庁 地域福祉部福祉指導課 生活保護担当 088-823-9624
      高知市役所 福祉事務所 福祉管理課     088-823-9444


■■自賠責保険の請求には「あはき用の施術費明細書」を使っていますか!?


自賠責保険の請求の際に保険会社から柔道整復師用の施術費明細書が送られてくることがありますが、鍼灸マッサージ用の施術費明細書があるのを皆さんはご存じですか?
 全鍼師会のホームページの会員専用ページからダウンロードできますし、保険部にもありますので、ご希望の方はご連絡ください。
 なお、自賠責での施術を開始する前には、患者さんが事前に医療機関の受診を受けており、骨折や脊髄損傷などのあはきの不適応症のないことを確認するとともに、後のトラブルを避ける意味でも担当医師や保険会社の担当者などの了承を得ることをお勧めいたします。


■■マッサージと整体ってどう違うの? 求められる県民への地道なアピール


NO more 無免許」ポスター

 昨年のリーフレットに続き、かわいいネコちゃんが目を引く「NO more 無免許」の ポスターが(公社)全日本鍼灸マッサージ師会(代表 杉田久雄)から送付されてきま した。
 "あはき"に免許が必要なことは、まだまだ一般の方には知られていません。
できるだけ多くの県民の目に触れる場所に掲示したいと考えます。
現在、高知県庁や市役所、保健所などにはお願いしていますが、その他にも地元の市役所や医療機関、スーパー、 お知り合いのお店、街頭掲示板など掲示していただける場所をご存じの方は、事務局 までお知らせください。
ポスターを送付します。


■■県民を高血圧から守るためあなたの施術所もぜひ高血圧サポーター企業へ


 

 高知県では、男性の働き盛り(40〜60歳代)の死亡率が全国的にも高く、死亡原因 の約4割は脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病が占めています。
そのため高知県では現在、高血圧の危険性を広く県民に啓発するために「高血圧サポーター企業」を募集 しています。
サポーター企業とは、ポスターの掲示やチラシの配布、顧客や従業員への呼びかけな ど企業活動を通じて県民への高血圧対策の普及啓発を行うものであり、サポーター企 業に認定されると、認定証と啓発資材が無料で送られてきます。
 県民の健康と公衆衛生の向上を目的とする本会としても積極的な協力を考えていま す。
みなさんの施術所でも登録申請のご検討をよろしくお願いいたします。


高知県庁ホームページ「高血圧対策サポーター企業を募集しています!」

■■献血サポーター参加団体として平成25年12月18日に認定されました。


献血サポーターロゴ
献血サポーター | ホーム / 日本赤十字社

◆ホームページ更新情報◆


  1. 2018/12/25 お知らせと活動報告を更新しました
  2. 2018/10/29 お知らせと活動報告を更新しました
  3. 2018/08/10 お知らせと活動報告を更新しました
  4. 2018/06/18 お知らせと活動報告を更新しました
  5. 2017/12/08 お知らせと活動報告を更新しました
  6. 2017/10/03 お知らせと活動報告を更新しました
  7. 2017/06/26 お知らせと活動報告を更新しました
  8. 2017/05/11 お知らせと活動報告を更新しました
  9. 2017/02/13 お知らせと活動報告を更新しました
  10. 2016/12/06 お知らせと活動報告を更新しました
  11. 2016/09/28 お知らせと活動報告を更新しました
  12. 2016/07/08 お知らせと活動報告を更新しました
  13. 2016/04/18 お知らせと活動報告を更新しました
  14. 2016/01/04 お知らせと活動報告を更新しました