[ここから本文です]

◆高知県鍼灸マッサージ師会の活動◆


[平成30年度] [平成29年度
平成28年度] [平成27年度] [平成26年度
平成25年度] [平成24年度] [平成23年度

平成30年度活動内容


高知県師会広報 No.148を発行いたしました。

2018/08/08

主な目次は…
☆合同研修会&交流会で身体も心もお腹の皮もストレッチ!
☆皮膚、筋肉、関節の関係から下肢の運動療法を考える!?
☆療養費取り扱い状況のアンケート実施について
☆『あはき』のこと知ってますか? 高知福祉機器展で盲導犬チャリティー施術
☆夢が広がる「養生」構想! 高知も『あはき』も元気に変える!

【 事務局 】


高知福祉機器展で盲導犬チャリティー施術

2018/06/30・2018/07/01

 6月30日、7月1日の2日間に9名の先生方がボランティアに参加しました。
機器展も回を重ね、今回は3日間全体で1800人を超える来場者とのことでした。
 その中でマッサージブースには84名の方々にご来場いただき、盲導犬協会へ27,870円の募金をいただきました。
 今回は、将来鍼灸師を目指すという高校生がお手伝いをしてくれたので、とても頼もしく、助かりました。
 施術の合間には出展されているブースを回り、介護や福祉への知識を深めることができました。
施術中にはお客様とのコミュニケーションを大切にしつつ、国家資格の有無違いやセルフケアについて助言をしました。
普段独りで仕事をしているとこのような機会は大切に思われます。
他の先生方の技術をチラ見したり、どんなトークをしているか耳をダンボにしたり(笑)来年も開催されます。
ぜひご参加下さいね。

【 事務局 】


県民公開講座

2018/07/29

7月29日に、「鍼灸マッサージの日」行事として、京都の明治国際医療大学から伊藤先生をお招きし、県民文化ホールで県民公開講座を開催しました。
「健康を基軸とした地方創生」というテーマでお話しいただき、医療の新しい流れを地方から作るというもので、地方の過疎地域を活用しての養生場を構築し、健康をテーマに地域コミュニティを活性化させるというものでした。
 自分のタイプを知り、自分に合った養生を知る。(温泉やお灸で温めたり、マッサ
ージやストレッチで緩めたり、食事で栄養に気を配ったり、筋トレをして鍛える)高知県には、海、山、川、美味しい食べ物など都会にはないものがたくさんあります
。その高知県を舞台に、養生というキーワードでそれらを活用し、その仲介に鍼灸マッサージ師が携わっていくというものです。
高知県の活性化にも繋がりますし、我々鍼灸マッサー師の新たな活動の場が増えると考えると、可能性は無限大に広がります。
とても夢のある講演でした。
さっそく、私も地元の川や海のある地域で、こんなことをしたいといくつも思い付き、これが実現出来るように個人としても全体としても行動していきたいと想いました。
※ (株)セイリンでは、養生を理解し、指導を行える鍼灸師の育成と、鍼灸を幅広く普及させていくことを目的とした「YOJYO」というセミナーを開催しています
。興味を持たれた方が多いようであれば、高知でのセミナー開催についてもセイリンに相談させていただきたいと思っていますので、皆さんのお声をお寄せください。

【 学術部 】


高知県師会広報 No.147を発行いたしました。

2018/06/15

主な目次は…
☆大きく変わる療養費制度! 受領委任や口頭同意廃止など
☆盲導犬チャリティーとあはき啓発! 福祉機器展でのブース協力者求む
☆【市民公開講座】「健康を基軸とした地方創生」 『養生』で中山間地を元気に!
☆ヨガでリラックスのつもりが「あ痛たあいた」 日ごろの不摂生が分かります
☆使用済みの鍼や脱脂綿は感染性廃棄物です! 適正に処分していますか?
☆7月から『免許保有証』の申請受付が始まります! 施術の際には必ず着用を
☆2018年度分の年会費は 早めの納入にご協力をお願いします!

【 事務局 】


今年度第2回研修会

2018/05/20

ヨガでリラックスのつもりが「あ痛たあいた」 日ごろの不摂生が分かります。
 今年の生涯研修のテーマは、やったことのないことをドンドンチャレンジ!?ということで、今回はヨガを初体験でした。
 ストレッチをゆっくりしながら、鼻呼吸を止めないで行なっていきますが、これが以外と出来ない。
皆さん、身体が硬すぎなようですね(笑)
 そして、鼻呼吸が難しい。呼気をしっかり吐いてから吸うとしっかり吸気が出来ました。
 会員外の方の参加もあり、楽しい研修でした。
今年度の研修は、家族や知り合いの方も参加出来るような内容も予定しています。
自分達の活動をしっかり認知してもらえるようにしていきましょう。

【 学術部 】