【新型コロナウィルス感染拡大防止に関する施術者対応について】
    会 長 伊 藤 久 夫
     ここ数カ月にわたり、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う影響が各地で広がっており、鍼灸マッサージの業務に関しても院外施術(訪問施術)現場への影響が拡大しつつあります。
     高齢者が感染した場合の悪化リスクが高いことから、施設、ならびに在宅施術の現場におきましては、普段より衛生面の徹底が強く求められております。
     医師の同意により、必要性があり施術が行われているものの、施設側としてのリスクを避けるためにやむを得ず出入り禁止になる施設も徐々に増加しています。
     鍼灸マッサージ業界全体に影響が出る事案です。
     当会ホームページには、厚生労働省からの最新情報や大学病院から提供された動画で「新型コロナウイルス感染症に対する個人防護具の適切な着脱方法」や「福祉・介護施設における新型コロナウイルス感染症の対策」を紹介しております。
     医療従事者の心得として自らが媒体とならないために手洗い、うがい、マスクの着用は当然のことであり、日々更新される各種情報を正しく把握され、施術に当たっては消毒衛生面に細心の注意を払って対応していただきますようお願いいたします。(2020.3.9)

    【啓発用】施術所掲示用ポスター(191KB) お灸啓発チラシ(229KB)

    【関連情報】
    【首相官邸】新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(随時更新)
    【首相官邸】新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-(2020.03.10)
    【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症について
    【厚生労働省】新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)
    【動画】福祉・介護施設における新型コロナウイルス感染症の対策/長崎大学病院提供
    【動画】新型コロナウイルス感染症に対する個人防護具の適切な着脱方法/長崎大学病院提供
    【PDF】新型コロナウィルス感染症~集団感染を防ぐためには
    【PDF】新型コロナウィルス感染症~家庭で気を付けること